故郷にいるのに故郷が遠く感じる

Mt Tukuba

地元に帰って仕事にも追われず穏やかな風景の中にいます。

たまに帰ってくると多少の変化はあるものの、

見慣れた風景にホッとするものです。

でも何だか自分がだんだんと故郷から遠ざかっているような気もします。

ここ数年の中で自分が一番多くの時間を過ごしているところは、

おそらく会社の中の自分の席なのかもしれません。

サラリーマンである以上仕方のないことなのかもしれませんが、

いったい自分が何者なのかと考えてしまいます。

仕事をして借金を返してという日々のなか、

こうして地元にいる時間が一番幸せに感じるのになぜか同時に違和感も感じてしまう。

自分にとって幸せないまの時間と、

仕事をして借金を返しているのがいまの当たり前の時間という考えが頭の中で同時に感じているのかもしれません。

借金が無くなれば考え方も変わってくるのかな・・・・。

それとも既に借金返済を続けてきたため頭がおかしくなっているのか・・・。

こんな事ばかり思考しないようにするためにも早く借金は無くしていかなければ・・・・。

自分が故郷に受け入れられるように、

そして故郷を自分が素直に受け入れられるようになりたいと思います。

いつも読んで下さる皆さんに感謝致します。

おか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする