サラリーマン900万円借金返済

借金完済に向けて頑張るサラリーマンのブログです!

銀行カードローンが壊滅的ないま再起を賭けた『最後の借り入れ』なら中央リテール。 債務者にとっては最後の砦ともいえる借入先です。

借金返済というのは気持ちの格闘技のよう

      2016/06/20

ギブアップ

個人的に借金返済を自力で続けることは、

階級を超えた格闘技に近いものがあると思います。

 

収入が多いと借金の額が多いという場合もありますが、

収入が少なくても借金額が多いということもあります。

 

 

ただどんな状況であれ借金があるという時点で債務者という事には変わりありません。

 

借金の苦しみというのは大なり小なり共通です。

 

50万円の借金でも100万円の借金でも、

私のように500万円を超える借金でも味わう苦しみというのは、

完済をするまでそれほど変わらない事だと思います。

 

そんな人それぞれ様々な形で抱えている借金という重荷を、

人それぞれのやり方で日々しのぎを削って完済に向けて戦っているのだと思います。

 

私自身も毎月給料が入った時に最も返済したい借入先に対して、

一体いくら返済できるかということを考えて過ごしています。

 

そして毎月債務会社から襲い掛かってくるのは利息を含めた約定返済額という攻撃です。

 

借金がある人一般的なサラリーマンにとっては

給料からの返済というのは借金がある状況を打破する唯一の攻撃です。

 

この攻撃を毎月繰り返すことでどれだけ借り入れを減らせるかで、

後の数年後の自分の生活環境が大きく変わってくることだと思います。

 

1回や2回の攻撃ではそれほど変わらないですが、

これを半年、1年繰り返すことで状況は大きく変わります。

 

今年もまだ半年以上ありますが、

私自身この攻撃をどこまで繰り返すことで年末どこまで借金を減らせているかが勝負だと思います。

 

いつも読んで下さる皆さんに感謝致します。

 

おか

 - 返済日記