生きるか死ぬかも誰かの迷惑にならないように

海を見る

まだ何とか返済できているにもかかわらず、

借り換えに失敗して将来を悲観的になっていました。

人間というのは生き物ですから生きている限り様々な場面に出くわします。

良い時もあれば悪い時もあります。

悪いように考えてしまうとどうしても生きることをやめようと思ってしまいます。

ようは死んだ方がマシって気分ですよね。

これまで借金返済を続けてブログの記事にこそ書きませんが、

何度となく思う瞬間がありました。

おそらく借金返済をこれからも続けていくうえで、

ふと頭にそんな思いがよぎってしまう事があるかもしれません。

でも・・・ここまで私自身が生きてきた上で色んな人との出会いがありました。

生まれた瞬間の両親との出会いに始まり親戚や友人、その他大切な人たちと出会ってきたことで今の自分があるんだと思います。

病気や不慮の事故で無くなってしまった人たちも中にはいますが、

自分から命を絶つということは幸いにも私の周りではいないです。

もし私の大切な人が突然命を絶つようなことがあったら、

それは衝撃的で悲しい出来事になると思います。

自分なんか死んでも悲しむ人などいないと考えていても、

きっと誰か悲しむ人がいるでしょう。

そう考えるとその悲しみという気持ちを与えてしまうことは、

たかが紙切れか数字でしかないお金などに代えられるものでありません。

借金で死にましたなんてことをするくらいであれば、

借金1000万なんてちょっと人生遠回りして返していたと、

あと数年後に笑い話にできるくらいの人間でありたいと思います。

いまはその人生の遠回りの真っ只中にいますが、

遠回りを全力疾走で走り抜けて借金など完済してしまいたいと思います。

今の私にとってもしも誰にも迷惑かけずにするとすれば、

それはまずはちゃんと生きていくことなんだろうと思います。

・・・・何言ってるか分からないですがいろいろ悩んで生きてます。

いつも読んで下さる皆さんに感謝致します。

おか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする