サラリーマン900万円借金返済

借金完済に向けて頑張るサラリーマンのブログです!

再起を賭けた『最後の借り入れ』なら中央リテール。 債務者にとっては最後の砦ともいえる借入先です。

確定申告の準備と格闘中・・・分割払いのパソコン購入は経費?減価償却費?

      2016/06/20

ENVY

確定申告の準備として副業収入とその副業をするために支払った経費の整理をしています。

 

副業収入そのものはGoogle Adsenseやアフィリエイトなどの収益をまとめるだけなのでそれほど問題ではありません。

 

問題なのは副業をするために支払った経費として何をどうやって計上していくかということ。

 

ネット収入を得るために必要な支払いといえば通信費になります。

そして作業をするために必要となるのはパソコンやマウス、キーボード等です。

 

まずマウスですがこれは価格帯としては数千円~1万円前後が相場かと思います。

昨年私が買ったマウスといえばLogicoolのM950tですがこれは価格が約1万円ほどでした。

このマウスは確定申告の際には消耗品費として計上できるようです。

 

そして昨年購入したものの一つがパソコンになります。

パソコンは日本HPのENVY700というパソコンで価格が約12万円ほどでした。

 

このパソコンがちょっと厄介なのです。

というのは10万円未満の備品や消耗品については消耗品費として計上できますが、

10万円を超えると減価償却費になります。

 

この減価償却費は10万円以上30万円未満の備品が対象です。

 

またこのパソコンは分割払いで購入しています。

そうなると昨年末までに支払った分だけが経費として計上できるのかというとそうではなさそうです。

 

あくまでネットで調べた情報なので誤りがあったらすみません。

 

一般的なサラリーマンが副業で確定申告をする場合は青色申告かと思います。

この青色申告には特例があり10万円以上30万円未満の備品でも、

少額減価償却資産の取得価額の必要経費算入の特例

というのが適用されるようです。

 

何を言ってるかよく分からないと思いますが、

ようは10万円以上、30万円未満の商品購入も一括で経費として計上できるようです。

 

あくまで私が調べた限りの情報なので間違っていたらすみません。

 

ということで昨年購入したマウスもパソコンも、

一括で経費として計上できるかもしれません。

 

今年の確定申告ではこの辺もチャレンジしてみようと思います。

借金返済の身としては支払う税金が安くなって欲しいところです。

 

何とか今年の確定申告も順調にこなして少しでも返済に注力できるようにしていこうと思います。

 

いつも読んで下さる皆さんに感謝致します。

 

おか

 - 節約・生活術