アマゾンのAWSが気になる

アマゾン

日常の生活においてアマゾンを利用する方は多いと思いますが、

おもな利用用途はネットショッピングという方が多いと思います。

しかしアマゾンにはもう一つの顔があるようです。

それはアマゾンウェブサービス(AWS)というサービス。

一般的にはあまり知られていないのかもしれませんが、

現在アマゾンの中でも急成長している部門です。

アマゾンのドル箱となったAWSがこれほど破壊的である理由

そもそもAWSって何?って方が多いと思います。

私自身もそんな疑問を持っている一人です。

簡単に言うとレンタルサーバーのようなものです。

一般的にレンタルサーバーというのはある程度容量に合わせて料金設定がされています。

それに対してAWSの凄いところは自分でどんなレンタルサーバーにしたいかを決める事ができる事です。

また料金も従量課金制となっているため一定期間利用頻度が低かったりすれば余計な支払いをしなくても済むことができます。

ちなみにこのブログはWordPressで書いていますが、

このWordPressをAWSで運用することも可能です。

私自身はいまエックスサーバーでこのブログを運営していますが、

正直いまはAWSに興味津々です。

とはいえブログでもサイトでも移行するというのは結構な作業になります。

そう考えると今のところはAWSを利用する必要性はないかなとも考えています。

もし借金を完済してからもネットビジネスを考えるようであれば、

長期的に考えてAWSを利用する可能性も有るかもしれません。

もしこれからレンタルサーバーを契約したいという方がいましたら、

AWSも是非一考してみる価値があると思います。

いつも読んで下さる皆さんに感謝致します。

おか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする