ウィルスバスターを実装!自分のパソコンのセキュリティレベルも強化する。

コインチェック騒動で実感したセキュリティ対策の大切さ。

これまでは自分のパソコンのセキュリティを無料のウィルス対策ソフトに頼ってきました。

無料のセキュリティ対策ソフトでこれまで何の問題もなく守られてきましたがこれから先どうなるのかは分かりません。

何か問題が起こってからセキュリティ対策をするのではあとの祭り。

それを十分実感してきたのでそろそろ自分のパソコンのセキュリティもちゃんと考えなければと思いウィルスバスターを購入する決断をしました。

今回購入したのはウィルスバスタークラウドというソフトです。

【ウイルスバスタークラウド】

3年間で12,780円となかなかいい値段がします。

借金持ちにとってはかなりの高額ですがそれでも安全性には変えられないなと思い購入に踏み切りました。

私もそうですが今の時代パソコンの中にはかなり重要な個人情報やパスワードなどを保管している人が多いと思います。

先日は仮想通貨を保管するためのウォレットを購入しましたがそもそもウォレットを接続するパソコン自体がセキュリティ対策が弱いのでは意味がない・・・。

パスワードや仮想通貨という個人情報や資産に関わるものを無防備に扱うなんて危険過ぎると思いセキュリティ対策ソフト購入する決心をしました。

ウィルスバスター以外のセキュリティソフトも検討しましたが最も重視したのはやはりウィルスの検出率です。

ウィルスソフトにより動作が重くなるなどのデメリットなどもあるのですが動作が快適でウィルスに感染しやすい環境よりは、

多少動作が遅くてもウィルスに感染しにくい環境の方が安心感があります。

そしてないよりもパソコンで作業しているときは常時ネット接続されているためこれまで不安な気持ちもありましたが、

ちゃんとしたセキュリティソフトを導入したことで守られている感が非常に高くなりました。

ただ、セキュリティ対策ソフトを入れたからと言って無造作にファイルやフォルダの管理をしていては危険性を自分で増やしてしまうだけなので、

自分自身で出来る範囲でファイルのパスワードロックなどの施策は打って鉄壁のセキュリティ対策をしていこうと思います。

最終的には「自分の身は自分で守る」これしかありません。

いつも読んで下さる皆さんに感謝致します。

おか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする