コインチェックが完全に機能停止しているのでビットバンクを利用するようになりました

コインチェック騒動によりこれまでメインで使用していた取引所が利用できなくなってしまいました。

そして今起こっている仮想通貨の大暴落・・・・。

はっきり言ってネムやリップルが今年に入ってから2桁になるなんてもう無いと思っていました。

それと同時にビットコインも100万円以下になることも難しいだろうなと思っていたのに、

今やこれらすべてのことが現実に起こっていることに驚いています。

おそらく昨年末から今年の初めにはリップルは300円くらいに、ネムは200円くらいになっていたと思いますが、

この頃から比べると約70%近くの暴落・・・・。

ある意味で通貨の保有数が少ない時にこれだけ大きな暴落に遭ったことを幸運だっとすら思います。

もし大量に通過を保有している状態でこの暴落被害に遭ったと考えると・・・・目も当てられない状態になっているでしょう。

話を戻してこの暴落は通貨を売る人にとっては悲惨な状況ですが、通貨を買う側としては絶好の機会ともいえます。

ツィッターでもつぶやきましたが私が購入していたリップルは年末年始には300円近くの値を付けていました。

この頃は250円に値下がりしたら買い時だとすら思っていました。

さらに200円まで下落した時には150円くらいに下がったら買い時だと思っていました。

それが今や100円以下の90円台にまで下がっています・・・・。

250円だったら買おうと思っていたのに90円になったら買わないなんてバカみたいでしょう。

そこで今回リップルを購入できる取引所ということで「bitbank(ビットバンク)」を利用することにしました。

新たな仮想通貨取引所「bitbank(ビットバンク)」に登録しました

もともとはそれほど取引に使用しないのではと思っていたのですがまさかこんなことで利用するようになるとは思いませんでした。

ビットバンクを利用する最大の理由は仮想通貨「Ripple(リップル)」の取り扱いがあるという事です。

ほかにも住信SBIネット銀行からの振り込みなら24時間土日も含めて即入金できるというところが気に入りました。

また、やはり今のご時世セキュリティに関しても見逃すことが出来ません。

調べてみたところコールドウォレット管理はされているようですがリップルはマルチシグではないようです。

仮想通貨取引所ビットバンクのコールドウォレット・マルチシグ運用体制について

ただ、ハードウォレットを購入しているため取引所に長期間置いておくことはないのでこの辺は自己管理で何とかするしかないでしょう。

このまま暴落が続くのかどうかネットやSNSでもいろいろと書かれていますが正直分からないの一言です。

ただ、この先暴騰した時にいまの暴落で買っておけば良かったと思わないようにだけしようと思います。

いつも読んでくださる皆さんに感謝致します。

おか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする