これから仮想通貨の取引を始めようとしている方へ。Zaif(ザイフ)の申し込み方法を紹介

先日に引き続き今回も仮想通貨取引所への登録方法の紹介です。

一気に一つの記事にまとめようとしたのですがボリュームが大きくなりそうで断念したので1か所ずつ紹介していきたいと思います。

ということで、今回はZafi(ザイフ)の申し込み方法について詳しく紹介していきたいと思います。

仮想通貨についてまったく分からないという初心者の方でもご心配なく分かりやすく説明していきます。

Zafi(ザイフ)

ザイフの魅力ななんと言っても取引手数料がプラスになって貰えるという特徴があります。

おそらくザイフを利用される方はこの点に魅力を感じている人が多いでしょう。

また独自のトークンも取り扱っているので手数料を抑えたいという人やザイフトークンを購入してみたいという方にはお勧めです。

ザイフ申し込み方法

まずザイフのサイトへアクセスします。 →Zaif

①メールアドレスとパスワードの設定

この画面でメールアドレスの入力をして「無料登録へ」ボタンを押します。

無料登録へのボタンを押すと入力したメールアドレス宛にザイフからメールが届きます。

②ザイフからのメールを確認

登録を申し込んだメールアドレスにコインチェックから以下のようなメールが届きます。

このメールにあるリンク先をクリックすると以下のようなユーザー登録画面が表示されます。

ここで利用規約、重要事項説明の同意にチェックを入れ、パスワードを設定します。

ちなみにパスワードを入力するとは強度○○%と表示され強度50%以上になるようにしなければなりませんので、

できるだけ複雑な文字列のパスワードに設定するようにしましょう。

パスワードを入力したら「同意して登録」ボタンを選択するとログイン画面に移動します。

ここで先ほど登録したメールアドレスパスワードを入力して下さい。

また、私はロボットではありませんの赤枠内にチェックを入れログインを選択すればザイフのサイトを見れるようになります。

③基本情報を入力する

ログイン画面の右上にあるアカウントを選択すると以下のような本人確認状況という画面が表示されます。

まだメールアドレスとパスワードの設定しかしていないのでここからまず基本情報の入力をしていきます。

「基本情報登録」を選択すると以下のような画面が表示されます。

ここで名前、生年月日、住所、電話番号・・・などを入力していきます。

すべて入力が終わったら最後に「変更」ボタンを押せばOKです。

④電話番号認証をする

次に本人確認状況のなかにある「電話番号認証」を設定します。

電話番号認証を選択すると以下のような画面が表示されます。

ここで携帯電話番号を入力して送信」を選択してください。

送信を選択すると入力した携帯電話にSMS(ショートメール)で6桁の番号が通知されてきますので、

認証コード登録に6桁の番号を入力し「登録」を選択してください。

これで電話番号認証は完了です。

⑤本人確認書類を提出する

また面倒なのが出てきますが取引するために面倒くさがらないでやっていきましょう。

次に本人確認状況のなかにある「本人確認書類の提出」を選択します。

本人確認書類の提出を選択すると以下のような画面が表示されます。

ここで「ファイル選択」から運転免許証など身分証明書の画像を選択して「アップロード」します。

画像をアップロードしたら「アップロードしたファイルで申請する」を選択すればOKです。

これで本人確認書類の提出作業は完了です。

お疲れ様でした。

④郵送による本人確認をする

本人確認書類を提出から数日後にザイフから以下のようなメールが届きます。

これで申し込んだ本人確認書類がすべて登録されたという事になります。

そして最後に住所確認のための本人確認付きのハガキが送付されてきますので

ハガキに記載されている本人確認コードを本人確認状況のなかにある「郵送による本人確認」へ入力します。

これで本人確認作業はすべて完了となります。

お疲れさまでした!

推奨:2段階認証の設定

登録作業はすべて完了しましたがやはり「2段階認証」の設定はしておいた方がいいので紹介します。

まずアカウントを開くと左側に「2段階認証」があるのでこれを選択します。

ここで事前に「Google Authenticator」をお手持ちのスマートフォンにインストールしておいてください。

Android版

iOS版

2段階認証を選択すると以下のような画面が表示されますので「2段階認証の設定を開始」を選択します。

QRコードの画面が表示されるのでGoogle Authenticatorのアプリを起動してQRコードを読み取りしてください。

QRコードを読み取りると6桁の数字が表示されるのでその数字を入力すればOKです。

これで2段階認証の設定も完了となります。

先日紹介したコインチェックの登録をした人であれば同じような手順なので難なく登録できると思います。

基本登録の手順はほとんど一緒なので1か所登録できれば他の取引所も簡単に登録できてしまいます。

コインチェックの登録をした人はザイフも登録しておくことをお勧めします。

ザイフへのお申し込み →Zaif

連続ですが今回はザイフの申し込み方法を紹介してみました。

いつも読んでくださる皆さんに感謝致します。

おか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする