最も強い者が生き残るのではなく、最も賢いものが生き延びるでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である。

かなりの名言のようなタイトルですがそれもそのはずで進化論を唱えたチャールズ・ダーウィンの言葉の引用です。

ダーウィンの名言

人に限らず生き物全般に言える進化において最も大切なことを説いた言葉です。

2世紀近く前の言葉ですがこの考え方は現代社会でも通用する考え方ではないかと思います。

今まさに社会における働き方というか収入を得る方法というのは様々です。

いまではYouTubeのような動画を撮影して収入を得るユーチューバーが人気にもなっていますが、

数年前には動画を撮影してネット上にアップしてそれだけで生活できるなんて考える人はほとんどいなかったでしょう。

しかし今では多くの人がユーチューバーを目指して日々動画をアップしていたりします。

おそらく昔からYouTubeをしていた人は長年の苦労の末やっと手に入れた成功かもしれませんが、

昔からやってきたすべての人が成功したわけではなくその中でもさらに才能のある人が成功を収めたのでしょう。

ただし、昔からやってきた人もやはりアドバンテージがあるのでそれなりの成果にはなっていると思います。

私個人の考え方ですがおそらく今の仮想通貨にもYouTubeと同じような現象が起こっているのではないかと思います。

いまは仮想通貨なんて買い物もできないし暴落だってあるからどうなるのか分からない怪しいもの。

そんな風に考える人の方が大多数だと思います。

しかし、明らかに仮想通貨に関する情報の増え方と価値は連動して右肩上がりに増えています。

今現在だけを切り取れば正しいことだと思うのですがこれから先を見据えた時に衰退していくものか繁栄していくものかを考えると、

あくまでも可能性としか言えませんがまだまだ市場は繁栄していくのではないかというのが個人的な見解です。

ここ最近仮想通貨に関するニュースもチェックしていますがいろんなアナリストや経済学の専門家が意見をしていますが、

ほぼ両極端かどちらに転んでも予想が外れたと言われないような意見ばかりです。

バブル崩壊の兆候も・・・素人が楽観視するビットコイン投資の危険性

「ビットコイン=夢の通貨」は日本人の幻想だ

ビットコインと証券、米国で「信頼度」の差が縮小

投資家は「ビットコインの次」に注目、仮想通貨内で投資多様化か

仮想通貨、ビットコインに続くのはどれか

しかしこういった市場を形成するのは最終的には消費者なので需要が減らない限りは成長していくと思います。

また、仮想通貨だけではなく最近ではグーグルの検索順位アルゴリズムのアップデートも行われました。

Googleが医療健康系ジャンルのアルゴリズム更新を行う

このブログでは医療や健康の話などは関連性が無いので影響は低いのですが、

それ以外にも情報の信頼性が高いサイト、アフィリエイトリンクが無いサイトが高く評価されているようで、

ネットを媒体として収益を上げている人にとっては結構な打撃となっていると思います。

話が長くなりましたが何が言いたいのかというと、

こういった環境の変化に対応していかなければこれからの社会で生き残ることは非常に難しいという事です。

いまでは自動車ですらガソリンエンジンから電気自動車へと急激に変化しています。

こういった変化に逆らわずにきちんと流れをとらえないと機会損失をしてしまい取り残されてしまいます。

私が仮想通貨投資を始めた理由の一つも変化に逆らわないことと自分自身に変化を起こすためでもあります。

最も強い者が生き残るのではなく、

最も賢いものが生き延びるでもない。

唯一生き残るのは、変化できる者である。

この考え方をこれからの人生でも肝に銘じていこうと思います。

いつも読んでくださる皆さんに感謝致します。

おか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする