サラリーマン900万円借金返済

借金完済に向けて頑張るサラリーマンのブログです!

再起を賭けた『最後の借り入れ』なら中央リテール。 債務者にとっては最後の砦ともいえる借入先です。

いまさらながら「闇金ウシジマくん」を見てみる

      2017/12/25

闇金ウシジマくんについてほとんどご存知の人が多いと思いますが借金に関する内容をテーマにしためずらしいマンガ作品です。

 

見たことがあるという人も意外と多いのではないでしょうか?

 

内容的には闇金融業者のカウカウファイナンスが10日で5割という違法な利息で様々な人に借金をさせて、

 

その借金をした人たちがギャンブルのためであったり、キャバクラに行くためであったり、何かに挑戦するためであったり人助けであったり、

 

さまざまな人間ドラマを織りなしながら貸し付けと返済を迫るというような感じです。

 

さすがにフィクションのためあり得ないような取り立てで利息を回収していく様はちょっと異質ですが、

 

借金をした人のそれぞれの人間ドラマは頷けるような場面もたくさんあります。

 

明日を食べて生活するためのお金にも困り、さらに借金を返すお金も無いような状況の絶望感などとても共感できます。

 

牛丼1杯を食べることさえもできなかった経験もある私自身としてはお金に困るという事は本当に辛いものだなと思います。

 

そしてお金が無くなったときに人間がどうなっていくかという模様もとてもリアルに表現しています。

 

返済日になっても返すことが出来そうにない時の追い詰められた感というのはもはやどうにもならない気持ちでいっぱいです。

 

どんなに体力があってもどんなに誠心誠意の謝罪をしようとも機械的に刻一刻と返済日が近づいてくるとただ気持ちが焦るばかり。

 

最後には払えないものは払えないと逆キレしれしまいたくなるくらいの人格崩壊寸前のところまで追い詰められます。

 

・・・・こんなこと経験者にしか分からないですよね。

 

そもそも10日で5割なんて利息であれば世の中いろんな人がいると思いますが絶対に手を出す人なんていないと思います。

 

私の経験では年間18%の利息ですらもまるで地獄の中にいるような思いを感じていたものです。

 

ちなみにこの闇金ウシジマくんでは借金をしていく人の悲惨な様子が数多く紹介されていますが、

 

なかには人生を見直して立ち直っていく人もいるのでそういう人を見ると「自分も借金を無くしてこうなりたい」と思ってしまいました。

 

恥ずかしながら私は闇金ウシジマくんを存在こそ知っていましたが自分自身も借金で苦しんでいる状況だったので今までとても見ることが出来ませんでした。

 

おそらく借金というテーマを娯楽として、エンターテイメントとして楽しむことが出来なかったのでしょう。

 

それをつい最近やっと見たという感じです。(お金がかからないようYouTubeですが・・・。)

 

いまでも借金の苦しみというのを実体験しているのでいい気分はしないですが何となく同じ境遇を感じられるというのは、

 

一般の視聴者とはちょっと違った目線の見方になっているのかもしれません。

 

借金返済の参考になるかどうかは別として同じ境遇をちょっと娯楽として見てみたいという人には見てみると楽しめるかもしれません。

 

逆に昔の私のような重症な多重債務者でメンタルも弱い人には見ないことをお勧めします。

(おそらく鬱になってしまうと思うので・・・。)

 

ただ、映画版「闇金ウシジマくんザ・ファイナル」は泣ける映画です。

いつも読んでくださる皆さんに感謝致します。

 

おか

 - 借金について