投資は一度崖っぷちに立ったら一人前になれる気がする

投資などをしている人をネットでさまざま見てきましたがいざ自分がやってみると本当に難しいと感じます。

ネットで目まぐるしく動く仮想通貨の値動きをエア投資的に見ていても瞬間的な値下がりでも買い時と感じてしまいます。

「明日になればもっと下がっているんじゃないか」とか考えてしまうといざ明日下がっていたら買ってしまいそう・・・。

見ていると欲望ばかりが膨らんでしまいますので投資とちょっと距離を置かなければいけないと感じます。

ここ最近も連日のように仮想通貨の投資記事を書き続けているためか借金ブログとしての機能も完全に停止中・・・・。

もはやブログの方向性を見失っている気もします。

仮想通貨はいま上昇傾向で利益が出る確率が非常に高いと個人的には思っています。

でもこのまま勝ち続けることはできないとも思っています。

おそらくどこかで思いっきり負ける時が来るのではないかと予想しています。

そしておそらくそこで我慢できるのか、我慢できなくて損失覚悟で手放してしまうのかが分かれ道だと思います。

人生の崖っぷちは何度も経験していますが今まで何度か落ちずにしがみついて生きてきたのでこの辺は強いと自負しています。

負けを経験することで成長する、この点については借金にも通ずるところがあるのではないかと思います。

また、仮想通貨の投資は魅力的という反面実際に自分の手元に資金が無いという事に気が付きました。

いくら値上がりしても日本円に交換しなければ使う事すらできない。

ようは使わなくてもいいお金を仮想通貨という銀行に預けるようなことです。

また、長期間預けるとなるとまさに自由に引き出すことができない定期預金の口座への預け入れをしているような状態。

強気で多額のお金を仮想通貨に投資してしまった場合生活するお金が残らない危険性もあります。

・・・ちょっと気を付けないとまた借金苦で超貧乏生活に逆戻りの可能性を秘めているなと実感しました。

そう考えると値動きを見るエア投資すらも危険だなと思いしばらくは持っていることも忘れて過ごすしかないと思っています。

明日からはちょっと仮想通貨のことは忘れて過ごそうと思います。

いつも読んでくださる皆さんに感謝致します。

おか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする