再起を賭けた最後の借り入れなら中央リテール!

仮想通貨(暗号通貨)

仮想通貨取引場への登録。面倒なのは本人確認書類の提出。

投稿日:

仮想通貨の取引をするためには取引場への登録が必要になるのですが、

 

この仮想通貨の取引場への登録作業で面倒なのが本人確認書類の提出です。

 

「仮想通貨の取引をちょっとやってみようかな」という気持ちで登録画面に進むとここで挫折してしまう人もいるかもしれません。

 

一体何が面倒なのかというと本人確認書類を写真で撮影してアップロードする必要があることです。

 

借金をしたことがある人にとっては本人確認なんて慣れたものかもしれませんがせいぜい運転免許証の番号などの登録くらいでしょう。

 

また、別途郵送されてくる返信用封書に源泉徴収票のコピーなどを同封して送るくらいです。

 

お金を借りる性質上こういった作業は致し方ないところではあると思うのですが仮想通貨の取引をするために、

 

本人確認書類を写真にとって送るというのには最初驚きました。

 

また、中には自分の顔と身分証明書が両方写った状態の画像まで必要ですとかなり厳重な本人確認をされます。

 

ちなみに本人確認書類として利用できるものは主に以下のものです。

 

・運転免許証

・パスポート

・個人番号カード(マイナンバーカード)

・住民基本台帳カード

・健康保険証

・年金手帳(厚生年金、国民年金、共済年金)

・印鑑登録証明

・住民票

 

仮想通貨取引場に登録するためにはネットで簡単に入力のみといかずこのような手続きもあったり、

 

また封書での連絡があるケースもあるので2~3日くらいは登録までに時間がかかると思っていた方が良いです。

 

また登録しようかどうか迷っているのであれば事前にこういった本人確認書類の写真だけでも準備しておくといいでしょう。

(画像ファイルは容量制限もあるので出来るだけ圧縮してファイルサイズを小さくしておくと良いです)

 

色々と面倒なのですが一度登録さえ済ませてしまえばあとは取引を楽しむのみです。

 

興味がある方は面倒でも手間を惜しまずにチャレンジしてみて下さい。

 

いつも読んでくださる皆さんに感謝致します。

 

おか

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-仮想通貨(暗号通貨)

執筆者:

関連記事

【号外!】コインチェックが補償内容を発表!NEM所有者には日本円での返金がなされます!!

コインチェックの巨額流出騒動が一つの節目を迎えようとしています。   まず今回の事件に対するコインチェックの対応方法が発表されました。   …

『仮想通貨用語集』を作ってみました。良かったら皆さんの参考になればと思います。

仮想通貨は専門用語が多くてさまざまな記事を読んでも素人には理解することがとても難しいです・・・。   私自身も勉強中ですが自分の備忘録として仮想通貨の …

ダウンタウンの松本人志さんも実践しているのには驚き!そんな仮想通貨へ約10万円ほどの追加投資をしました。

今月は先週にも書きましたが毎週末思い出の整理をしているのであまり気分は良くありません。   ただ、毎回そのことを記事書くのは自分でも嫌なので違う話題で …

これから仮想通貨の取引を始めようとしている方へ。Zaif(ザイフ)の申し込み方法を紹介

先日に引き続き今回も仮想通貨取引所への登録方法の紹介です。   一気に一つの記事にまとめようとしたのですがボリュームが大きくなりそうで断念したので1か …

仮想通貨で背負った借金の自己破産はできるのか?

借金をする理由はさまざまですが今年からは仮想通貨で借金を作ってしまい、   支払い出来なくなって自己破産になるなんて人も出てくるのではないかと思います …

オススメ度No1。借金の無料診断と返済シミュレーションをしてくれます。

街角法律相談所

法律の専門家の方があなたの債務整理、過払い金請求などの問題について無料相談できます。

創立当初から多重債務者を救うべく債務整理に力を注いでいる実績豊富な弁護士事務所。

岡田法律事務所
ブログへのコメントは→コチラ
本ブログの概要はコチラ
本ブログの免責事項はコチラ
本ブログのプライバシーポリシーはコチラ
サイトマップはコチラ