日本の所得は先進国の中でも最低レベル・・・異常な国ニッポンって感じます。

日本に住んで、日本で働いて、日本のことしか知らない人にとってはおそらく分からないことかもしれませんが、

日本って世界的に見ても異常なまでに給料が少ない国です。

当然ですが後進国や発展途上国に比べれば十分裕福だと感じることかもしれませんがアメリカや中国などと比べたら信じられないほど給料が低いです。

この問題について取り上げている記事があったので紹介します。

給料が下がっている国というのは世界でも稀

ここでも紹介されていますがアメリカのアマゾンのような企業では新規採用の年収が1,000万円を超える条件で募集されています。

中国においても日本でも見かけるようになった通信機器のHUAWEI(ファーウェイ)は新卒採用の月給が40万円という好条件・・・。

年収で言ったら軽く500万円以上、ボーナスも入れたらおそらく600~700万円以上の年収を新卒採用者はもらうことが出来ます。

それに引き換え日本は日経平均株価がバブルのような跳ね上がりを見せているにもかかわらずサラリーマンの収入は一向に上がりません・・・。

好景気だと感じているのは企業だけでそこで働く従業員にはその恩恵はほとんど還元されないままです。

これでは優秀な人材であればわざわざ日本の企業に勤めるよりは海外の優遇の良い企業に行こうと思ってしまうわけです。

それにしても何でこんなに条件が違うのかと考えるとおそらくアメリカや中国は経済における競争社会が確立しているのだと思います。

優秀な人材であれば会社に入ってからもグングンと昇給していくのかもしれませんがダメな人材であれば容赦なく切られてしまう。

若くして才能がある人であれば年齢など関係なく会社の重要な仕事をどんどん任せられるというわけです。

それに引き換え日本では会社に入ってからは年功序列がまだ残っているところもありどんなに頑張っても上の世代が残っていると昇格すら難しいです。

おまけに仕事ができない人がいてもクビにしたら職場の上司が責任を取らなければならないといい辞めされることも出来ないで色んな部署にたらい回しにされる。

こんな仕事をしていると日本はほんとうにこれからグローバルの波に乗れずに世界から取り残されてしまうのではと感じてしまいます。

ちなみに政府はよく企業に対して賃上げをしろと毎年言っていますがこの賃上げもなかなか進まないのが現実です。

そして賃上げをされても結局は税金の徴収としてさらに納税額が増えて手元に残るお金はほとんど変わらないというのがサラリーマンの現実です。

この辺についてもまた明日すこし記事として紹介しようと思います。

いつも読んで下さる皆さんに感謝致します。

おか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする