銀行カードローンの融資審査の厳格化が顕著に!すでに8割の銀行の審査が厳しくなっています!!

今年になってから何度もニュースで取り沙汰されてきた銀行カードローンの過剰融資問題。

その後の銀行の貸付の状況が少しずつ明らかになってきました。

8割の銀行、カードローン審査厳格化 全銀協調査

実際に自分がカードローンへの申し込みをしてはいないのですが、

年収証明書の提出などの金額が50万円以上からとこれまでよりも引き下げられたりしているようです。

私が借り入れてしていた時には50万円ほどの借り入れ申し込みであれば年収証明書の提出は求められませんでした。

たぶん200万円くらいの高額な借り入れ申し込みになると年収証明書の提出が必要だったと記憶しています。

この辺の基準はどこの銀行カードローンもほとんど一緒でした。

ある意味低い借り入れ申し込みの場合は年収については自己申告ということでいいかげんな審査だったのでしょうね。

今後は銀行のカードローンで大きな金額を借り入れ申し込みをする場合には目安として年収の3分の1というのが現実的な水準となってくると思います。

年収600万円以上の人であれば借り入れ申し込み金額の上限が200万円。

年収900万円以上の人であれば借り入れ申し込み金額の上限が300万円。

これまで銀行のカードローンは低金利というのが魅力の一つでしたが審査の厳格化ということで多重債務者の人にとっては

銀行カードローンの低金利への借り替えはますます厳しさを増していくことでしょう・・・。

こうなってくると現在多重債務者の人にとっては銀行カードローンに変わる第二の選択肢が必要になってきます。

その第二の選択肢としてますます注目を増してくる高金利からの借替なら中央リテールでしょう。

このブログの中でもたびたび紹介していますが多重債務者の人が低金利への借り替えに助けを求めるのであればもっとも有力な金融会社です。

銀行カードローンほどの低金利ではありませんが高金利の消費者金融に比べれば確実に負担を下げることが出来るでしょう。

多重債務者の人は今後のカードローン業界の動向に注視しながら最善の選択をする必要が迫られている気がします・・・。

いつも読んで下さる皆さんに感謝致します。

おか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする