ついにビットコインが市民権を持つ日がきた・・・と感じるテレビCM

こちらの成海璃子さんが出演しているテレビCM、見たことある人もいるのではないでしょうか?

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

これまでテレビでもビットコインという名前を聞く機会というのニュースくらいでほとんど無かったのですが、

ここに最近テレビCMでもビットコインという名前をものすごく頻繁に聞くようになりました。

ネット上ではビットコインに関する記事もこのブログを含めてうじゃうじゃと増殖している気がします。

なぜこんなにもビットコインに関する記事が増え続けるのか?

このビットコインですが今年だけで価値が2倍以上にまで高騰したため今では仮想通貨に投資している人が多くいます。

まさに金融投機案件としてビットコインがバブルの盛り上がりを見せている状態のなのです。

そしてもう一つ、仮想通貨取引場を紹介するブログやサイトなども利用者が仮想通貨取引場に登録することで報酬が得られるため、

多くの人がビットコインや仮想通貨を紹介するサイト・ブログを作り出すので増え続けるという仕組みです。

もはやいまはサイトやブログ、さらにはツィッターを見てもビットコイン、仮想通貨の紹介を競い合っている感じです。

このバブル一体いつまで続くのだろうか?

この疑問に対して一つの答えを投げかけているのが東洋経済オンラインの記事です。

高騰したビットコイン相場はいつか崩壊する

ビットコインの盛り上がりに水を差すような記事ですが仮想通貨の盛り上がりというのは実態のない裏付けというのが感じられます。

さらにいまは規制があいまいな状態のため使用用途に犯罪的な使われ方もされる恐れがあります。

有名なニュースとしてはランサムウェア(身代金要求型ウィルス)でもビットコインでの支払いを要求されるなど、

悪質な行為にもビットコインが利用されてしまうという側面もあります。

すでに利益が出る状況で売り抜いた人は問題ないかもしれませんが、

まだ上がる、まだ上がると欲を持って挑むといつかビットコインが暴落した時の反動に耐えられなくなるかもしれません。

とはいえまだまだ盛り上がりを多くの投資家が支えているビットコイン・仮想通貨市場は、

今年いっぱいは問題ないというのが多くの人の見通しだと思います。

問題は来年を乗り越えられるかどうかですね・・・。

何だかんだと私のこの記事もビットコインの紹介記事になっていますが・・・。

いつも読んでくださる皆さんに感謝致します。

おか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする