お歳暮の準備をする

もう年末も近づいてきたという事でまず最初に片づけておきたい用事の一つに「お歳暮の準備」があります。

借金があるとはいえ年末年始のご挨拶、お中元などは欠かさないようにしています。

日本の伝統的な文化の一つでもあるのでやはり大切にしたいものです。

またある意味これが「私ちゃんと変わらず元気に生きてますよ」ということを相手に伝えるものですから。

たとえ借金があってもお歳暮やお中元が贈られて来れば「元気にしているんだな」と思い込んでくれます。

ただ、毎年悩んでしまうのが品物選び。

いつ誰に何を贈ったのかという事を毎回忘れているので品物がかぶらないようにと慎重に選んだりします。

最初のころは自分で選ぶ楽しみにみたいなものもあったのですが最近は苦痛でしょうがないです。

ただ、お歳暮のカタログをみるとどれも毎年同じようなもので代り映えの無いものなので、

貰う方も贈る方も分かっていることだと思うのですが。

正直私もお歳暮を貰っても毎年「おっこれは!」と思うような商品はありません。

ただ商品よりも「お歳暮を贈る」という行為そのものに意味があると思います。

たぶん今年も選んだ商品は以前贈ったものになるかもしれませんがあまり深く考えずに、

ちゃんと贈るという事だけはしようと思います。

ただ、できるだけ高くない商品を選ぶことは毎年変わらないですけどね・・・。

いつも読んでくださる皆さんに感謝致します。

おか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする