サラリーマン900万円借金返済

借金完済に向けて頑張るサラリーマンのブログです!

銀行カードローンが壊滅的ないま再起を賭けた『最後の借り入れ』なら中央リテール。 債務者にとっては最後の砦ともいえる借入先です。

カードローン地獄から今後はアパートローン地獄の人が増えてきそうな予感

      2017/10/27

私が陥った借金はカードローンですがカードローンについてはすでに銀行の過剰融資が社会問題にもなっています。

 

その影でもっと恐ろしい借金地獄が始まりそうな予感がしています。

 

それがアパートローンバブルの崩壊です。

 

アパートバブル終息?着工3ヶ月連続減

 

アパートローンは個人資産の投資先として人気を集めていた不動産投資のための融資です。

 

銀行としても貸し付けしても目に見えて分かる不動産という資産が出来るので、

貸し付け者が支払い不能になっても物件を回収すればある程度の資産は回収できるので安心して貸し出せるものでした。

 

おまけに借りる側も節税対策として賃貸物件を立てることはメリットがあり一見どちらにも利益のあるように見える案件でした。

 

しかし、いくら賃貸物件がいいからといっても実際に住む人がいなければ収入など発生しません。

 

この記事でも書きましたが今は空き部屋が3割以上を占めているため需要に対して過剰に供給されている状態です。

 

 

まだ3割の空きなら良いかもしれませんが入居者の割合にはバラツキがあります。

 

空き部屋が無い満室の建物がある一方で空き部屋が5割以上のものだってあるのということです。

 

こうなってしまうと不動産投資で得られる収入よりも維持管理や税金、利息などの支出の方が上回ってしまうでしょう。

 

おまけに今の時代は少子化で子供の数は減ってきている状態です。

今後需要が伸びる見込みすらありません。

 

住む人は減ってきているのに住むところは過剰に供給されている状態。

 

私の住んでいる所の周りでもいまだに新築の賃貸マンションや賃貸アパートが建てられていますが、

建物が完成して数ヶ月経ってもいまだに空き部屋がある建物などがたくさんあります。

 

みなさんのお住まいの地域でもそんな光景を見かけたことがあると思います。

 

おそらく2020年の東京オリンピックを境に土地の価格は一気に暴落するのではないかと個人的には思っています。

 

そして2025年頃にはおそらくいまの土地の価格は大幅に下がっている事だと思います。

 

これについては東洋経済オンラインでも取り上げられています。

 

日本の「地価崩落」はもう絶対に避けられない

 

今後じわじわとアパートローンで苦しむ人がおそらく日本で増えてくるんじゃなかと危惧しています。

 

それまでには私はこのカードローンの借金地獄から抜け出して復活していたいと思いますが。

 

いつもの借金記事とはちょっと毛色の変わった内容となってしまいましたが、

身近で不動産投資などをしている人には気を付けましょう。

 

いつも読んで下さる皆さんに感謝致します。

 

おか

 - 借金について