サラリーマン900万円借金返済

借金完済に向けて頑張るサラリーマンのブログです!

銀行カードローンが壊滅的ないま再起を賭けた『最後の借り入れ』なら中央リテール。 債務者にとっては最後の砦ともいえる借入先です。

借金が減ることで得たものは豊かさではなく「油断」だった

      2017/10/26

ここ最近借金が減ってきたことで貯金こそできないものの赤字の生活というのだけはまぬがれるようになってきました。

 

数年前までは借金で返済もままならない生活をしており常に気持ちが張り詰めた状態でした。

 

今月をどれくらいの生活費でやり過ごさなければならないのか?

そのためには一日にいったいいくら位で生活をしなければならないのか?

 

そんな事ばかり考えてしまいます。

 

もし無計画な生活をして無駄な出費ばかりをしてしまえば借金の返済が出来なくなってしまいますからね。

借金返済で苦しんでいる時というのは気持ちが休まりません。

 

借金で苦しんでいる頃は「早く借金が減って楽になりたい。安心できる生活がしたい。」などと思っていました。

 

そんな事を考えていた頃は借金が1,000万円を超えていたのですが、

その頃の自分と比べると今の私は借金がまだ400万円以上はあるものの借金による負担が相当減ってきたと思います。

 

しかし、ここ最近めっきり借金が減らなくなってきました。

 

何が原因なのか考えてみると明らかに以前の頃の自分と比べると借金による負担が減ったことで、

「油断」することが多くなってきたなと思います。

 

例えば仕事での飲み会なども出来るだけ参加するようになったり2次会にも参加するようにもなりました。

 

コンビニでの買い物もおまけで100円くらいのお菓子なども買ってしまうようになりました。

 

ネットショッピングなどでも3,000円くらいの物なら我慢せずに買ってしまったりもしました。

 

これらは借金が1,000万円以上あった頃の自分では考えられないような行動でした。

 

一見すると小さな買い物のように見えますが「塵も積もれば山となる」

1ヶ月でおそらく1万円~2万円くらい無駄使いをしている気がします。

 

しかも本当に欲しいものを買うというよりは安くてすぐに手に入りそうな無駄なものばかりを買っている気がします。

 

借金が減って安心できる豊かな暮らしができるようになるどころか、

このままだと借金も減らずに無駄なものばかりが増えていく最悪な方向になりかねないなと思うようになってきました。

 

このままだと借金で苦しんだという事を言い訳にして自分を甘やかす癖がついてしまいそうです。

 

これからまた以前のような張り詰めた気持ちの生活には戻りたくは無いのですが、

少しずつ今の自分の気持ちの中にある油断を小さくして日々の生活をよりしっかりと管理していこうと思います。

 

何をするかはまだ具体的に決めていませんがまずは心掛けをしっかり持とうと思いこの記事を書きました。

 

いつも読んで下さる皆さんに感謝致します。

 

おか

 - 返済日記