電球がきれた・・・

今日仕事を終えて家に帰ってきてトイレに入ろうと電気を付けたら、

一瞬電気が付いた後に突然「パンッ」という音とともに電気が消えました。

「電球が割れたのか?」と一瞬思いましたがよく見ると破片などは飛び散っておらず電球にもヒビなども入っていません。

電球の寿命が来て電気が切れてしまっただけでした。

今ではLEDタイプの電球が当たり前となっていますが私がいままで使用していた電球が白熱電球タイプのものでした。

おそらく今のアパートに住み始めてこれで電球が壊れたのは2回目かと思います。

今回を機に省エネのためにLED電球に交換しようかとも思ったのですが、

部屋の中を漁ってみると何年前に買ったのかも忘れてしまった電球がまだ2つ残っていました。

おそらくまだ借金が無かった頃に買い置きしてしていたものかもしれません。

もちろんこの電球はLED電球ではなく今までと同じ白熱電球です。

まだ使えるのかと思い試しに電球を取り付けてみるとちゃんと点灯してくれました。

どうせ今のアパートにはもうそんなに長く住むつもりもないのでこの電球を使ってやり過ごそうと思います。

使えるものは出来る限り使うという貧乏性は借金で身に付いた節約術だなと実感します。

LED電球を使えるようになるのはおそらく借金が完全に無くなったときでしょうね。

いつも読んで下さる皆さんに感謝致します。

おか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする