サラリーマン900万円借金返済

借金完済に向けて頑張るサラリーマンのブログです!

銀行カードローンが壊滅的ないま再起を賭けた『最後の借り入れ』なら中央リテール。 債務者にとっては最後の砦ともいえる借入先です。

ア〇ィーレ法律事務所が業務停止、、、三菱東京UFJ銀行がカードローンCMを打ち切り、、、債務者の解決策は八方塞がり・・・

      2017/10/21

ここ最近債務者にとっては耳が痛くなるようなニュースが多いです。

 

特に昨日のニュースはかなり衝撃的なニュースだったのではないでしょうか。

 

借金のある人にとっては一度は目にしたことのある大手法律事務所の「ア〇ィーレ法律事務所」。

 

このア〇ィーレ法律事務所が業務停止になったというニュースです。

 

ア〇ィーレ法律事務所が業務停止 東京弁護士会が懲戒処分

 

業務停止の理由は「過払い金返済請求の着手金を無料・値引きする」という宣伝が景品表示法に違反するという事です。

 

期間が1ヶ月という宣伝に対して実際には継続して値引きをして債務者をかき集めていたんでしょうね・・・。

 

これ、債務者の人の中にはすでに利用してしまっている方も多いかもしれません。

 

ア〇ディーレ法律事務所は広告宣伝なども多いですがこういった悪質な業者というのは大抵宣伝が多いものです。

 

なるべく宣伝ばかりしているような法律事務所などは利用しないようにした方が良いでしょう。

 

法律事務所としておすすめなのはこのブログでも紹介してる

「法律相談カフェ」、「街角相談所」、「日本法規情報」、「東京ロータス法律事務所」

がおすすめです。

 

 

そして、もう一つのニュースがまたもや「銀行のカードローン問題」

 

こちらに新たな動きがまたありました。

 

それは「三菱東京UFJ銀行」がカードローンのCMを打ち切るというニュースです。

 

カードローンCM、いったん打ち切り 三菱東京UFJ銀

 

過剰な貸し付けを抑止するための対策という事で一般的には良い取り組みだと思いますが、

問題はすでに借り入れしている債務者です。

 

銀行のカードローンは借り換えにより借入金利を下げるためには無くてはならない存在。

 

その銀行カードローンが貸し付けをしないようになると借り換えが困難になります・・・。

 

つまり、今後は高金利で借り入れしている債務者の対策が以下のように悪くなってしまいます。

 

高金利から低金利への借り換え → 低金利の銀行カードローンはハードルが高くなった

多額の借金の法的整理 → 悪質な法律事務所によっては業務停止になる恐れがある

 

もし借金を法的整理をせずに返済するとしたら高金利の借り入れのまま地道に返済し続けなければなりません。

 

ただ「1%でも0.1%でも金利を下げたい」という人には、

銀行のカードローンではありませんが「中央リテール」という最後の手段があります。

 

銀行カードローンが壊滅的ないま再起を賭けた『最後の借り入れ』なら中央リテール

債務者にとっては最後の砦ともいえる借入先です。

 

いつも読んで下さる皆さんに感謝致します。

 

おか

 - 返済日記