サラリーマン900万円借金返済

借金完済に向けて頑張るサラリーマンのブログです!

銀行カードローンが壊滅的ないま再起を賭けた『最後の借り入れ』なら中央リテール。 債務者にとっては最後の砦ともいえる借入先です。

いまから約半年前に予言していた・・・銀行カードローン問題

      2017/10/05

以前から紹介したいと思って書けていなかった記事だったので今回記事として書こうと思います。

 

それは現代ビジネスで紹介されていた

このブログでも頻繁に話題として取り上げている『銀行カードローン問題』です。

 

その現代ビジネスで紹介されていた記事がこちらです。

銀行がどうしても知られたくない「カードローン」の大問題

 

いまでこそニュースでもたびたび取り沙汰されるようになってきましたが、

いまから半年前にはほとんど騒がれていないような状態でした。

 

ちなみに私がこのブログで銀行カードローン問題を初めて取り上げたのが2017年2月のこの記事でした。

いま銀行が消費者金融化しているというニュース

 

この頃はまだ問題があまり明確に浮き彫りにされていませんでしたが、

いま現代ビジネスさんの記事を見ると鋭い指摘をしているなと思う内容が多々あります。

 

特に以下の文章は銀行カードローンが「総量規制を超えた」消費者金融の営業窓口化となっているという痛烈な指摘をしています。

銀行は自らが営業窓口になることによって消費者金融ビジネスに乗り出し、実質的に消費者金融会社の顧客獲得窓口を務めるとともに、貸金業法が定めた「総量規制」を骨抜きにする役割を果たしているのだ。

 

もはや銀行が年収の3分の1以上貸し付けるための消費者金融業務をして顧客獲得をしているという構図ですね。

 

こうなるとどうなるのかというと私のような多額の借金を抱える人が増えてしまうということでしょう・・・・。

(自分で言うのも本当に情けない話なのですが)

 

今は銀行カードローンは金融庁などの指摘も受けて安易に貸し付けを行うことはしないように徐々になってきているでしょう。

これからお金を借りようとしている人にとっては多重債務になってしまう可能性が低くなるので良いことだとは思います。

 

しかし、すでに借り入れしてしまった人にとっては救済措置など何もありません。

 

これから借り入れをする人にとっては良い環境になっていくと思いますが、

すでに借り入れしている人にとっては状況は苦しくなってしまうのが今回の銀行カードローン問題です。

 

それでも生活を何とかしていくために一時的な借り入れをしなければならないという人にとっては、

銀行カードローンが利用できなくなってしまうと高金利な闇金しか手段が無くなってしまいます。

 

もし高金利な闇金に手を出してしまおうか悩んでいるのであれば

よい借入先が無いかを少し冷静に考えてみることが大切です。

 

すでに何件も申し込んでダメだったという人であれば以前私がこのブログで紹介した中央リテール

「最後の救済措置」をしてくれる可能性があるところです。

 

 

銀行カードローン問題で状況が悪化したという人は消費者金融などに手を出す前に必ず一度試してみて下さい。

 

いつも読んでくださる皆さんに感謝致します。

 

おか

 

銀行カードローンが壊滅的ないま再起を賭けた『最後の借り入れ』なら中央リテール

債務者にとっては最後の砦ともいえる借入先です。

 

ここで借りることが出来なければ債務整理を視野に入れましょう。

 - 返済日記