服はボロボロ、コップはひび割れ

普段の生活で使用しているものは限界まで使うようにしているため、

服などは破ける寸前まで、食器類も粉々になって使い物にならないくらいではじめて処分するようにしています。

いま家で使っているコップはすでにひび割れが入っていて放っておくと少しずつ水が漏れるような状態。

写真にあるようなひび割れがデザインのコップではなくナチュラルにひび割れしている状態です。

別に人に見せるわけでもないですし買おうと思えばダイソーで100円でコップを買う事は可能なのですが、

ひび割れしていてもコップとしてはまだ十分に使えるだろうとそのまま使っています。

ただいつ割れてもおかしくない状態で洗う時も割れないように恐る恐る洗うという状態が1年以上続いています。

毎月の生活も頑張って我慢すれば黒字になるようになったので100円で新しいコップを買ってもいい気がしているのですが、

その100円の支出をするくらいならまだ400万円以上残っている借金返済に回していきたいという気持ちが強いです。

・・・・完全に貧乏性が身についてしまっている気がします。

100円のコップ1個でこんなにも悩んでしまう30代独身の独り身の男というのはとても情けないものですね。

自分でも客観的に見たら本当に情けないと思ってしまいます。

そう思いながらもまだ数ヶ月はこのひび割れたコップを使い続けようと思っています・・・・。

そしてこの記事を書いてる時に履いているズボンもお尻の部分がもう擦り切れそうになっています・・・・。

いつも読んで下さる皆さんに感謝致します。

おか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする