再起を賭けた最後の借り入れなら中央リテール!

借金について

カードローンの営業マンが狙っているのは「借金を抱えている人たち」

投稿日:

借金がある人には経験があると思いますが、

何故かやたらとカードローンなどの勧誘が多く届くようになったという経験。

 

メールだったり封書だったり電話だったりといつどこで知ったのか分からないけれども何故か連絡が来る。

 

そんな勧誘が来るようになったらおそらく自分が借金で困っているという情報が洩れていると思った方がいいです。

 

少し前のニュースですが現役のカードローンの営業マンは「借金がある人をターゲット」に売り込みを掛けてくるようです。

現役営業マンがカードローンの実情を告白「借金を抱えている人をリサーチして売り込む」

 

まずカードローンの営業マンにもノルマがあるようです。

 

どんなノルマか分かりませんがカードローン口座を新規開拓させる契約件数などがおそらく決められているのでしょう。

 

もし借金もなく生活に困っていない人なら「カードローン作りませんか?」と言ってもほとんどが「いらないです。」と返事するでしょう。

お金に困っていなければカードローンを作る理由なんてないですからね。

 

そこで営業マンの人が狙いを定めるのが「すでに借金で困っている人」や「お金が無くて困っている」という人。

 

もし「どこからも借りられない」なんて状況であれば藁にでもすがる思いですから、

「カードローン借りられますよ?」なんて声を掛けられればイチコロです。

 

とにかく明日の生活を何とかしたい、来月生活できるだけの目途が立つようにしたなんて状況なら、

「とりあえずこれで生活ができる。まずは借り入れしてその後にどうやって返すか考えよう。」なんて思いで契約してしまいます。

 

私が借金を増やし続けた理由がまさしくこれです。

後で考えようと思ったときには時すでに遅しです。

 

借りる前に「本当にこれを借りて返せるのか?これ以上借りたらどんどん利息が増えて利息払うので手一杯で元金を減らせなくなるんじゃないか?」

と自分に冷静になって問いかけることが出来た時にはすでに借金は900万円以上に膨れ上がっていました。

 

もしも身に覚えのないカードローンなどの勧誘が来たら「いよいよやばい」と思って借りることを踏みとどまった方がいいです。

借りてしまったらその時には営業マンのノルマを達成させる代わりに自分が自己破産に追い込まれるときだと思った方が良いでしょう。

 

ギリギリで踏みとどまれるか、奈落の底に落ちてしまうかは自分次第です。

 

いつも読んで下さる皆さんに感謝致します。

 

おか

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-借金について

執筆者:

関連記事

自力の返済を続けて感じる・・・・3年というのがひとつの節目だなと

借金返済のブログを始めてから既に3年半の月日が流れています。 →旧ブログはこちら   複数の借入先に借金を作りトータルで一時期には1,000万円以上の …

借金生活を通して自分自身のことを分析してみると・・・・単なるお金に対して楽観的で成功者に憧れて自滅していっただけの人間だと思う

借金がある時というのはやはりお金に困るものです。   明日の食事をどうすればいいのか?いったい今月どれくらいお金を使っても困らないのか?   …

no image

お金で人格を変えてしまうこと

多重債務者である自分を時々怖く思うことがあります。 お金が無いことは色々工夫をすればなんとか生活することは それなりの最低限の生活は可能です。 でも一番恐れてい …

有名人の借金逸話 ~お笑いBIG3~

有名人の借金逸話という事で以前にも矢沢永吉さんのお話を紹介させていただきましたが、 借金というのは時に強烈なまでに人を変える力すらも持っていると思います。 有名 …

思い出の整理をして人格が崩壊しそうになる

今日は個人的にはとてもつらい一日でした。   今日先に挙げた2つの記事は正直以前から書いていた記事の予約投稿的な記事だったので記事の内容に温度差がある …

オススメ度No1。借金の無料診断と返済シミュレーションをしてくれます。

街角法律相談所

法律の専門家の方があなたの債務整理、過払い金請求などの問題について無料相談できます。

創立当初から多重債務者を救うべく債務整理に力を注いでいる実績豊富な弁護士事務所。

岡田法律事務所
ブログへのコメントは→コチラ
本ブログの概要はコチラ
本ブログの免責事項はコチラ
本ブログのプライバシーポリシーはコチラ
サイトマップはコチラ