お盆の帰省で実家に帰る

今年もお盆の帰省の時期になってきたので実家へ帰ろうと思います。

先日の夏風邪気味の体調は思ったよりもひどくならなそうなので、

本格的な風邪という体調不良にはならなそうでした。

帰省で実家へ帰るときは借金があることの後ろめたさを感じて両親にも申し訳ない気持でいっぱいになります。

ただ借金の額が減っていくにつれての気持ちの負担というのがだんだんと軽くなっている気もします。

いくつもの借り入れがあった時には帰省をする前に一通り返済を済ませておくか、

地元に帰っているときでもコソコソ隠れながら返済しにコンビニなどのATMへ行くという状態でした。

実家に帰ってきているのに一体自分は何をやっているんだろう・・・。そんな気分になります。

借り入れが一社のみになったいまの状態ではそんなことを考えることもなく、

あと一社だけだから頑張って返済して来年か再来年には胸を張って実家へ帰れるようになろうという気持ちの方が強いです。

借金をしてしまった人には分かるかもしれませんが、

借金の事を隠しながら家族と接するというのは気持ち的にも非常に辛いです。

ある意味借金を無くしたいという人は自分自身のためというよりも

家族のために借金を無くしたいというほうが気持ちが強いかもしれないです。

来年か再来年には頑張って借金を無くした状態で実家へ帰れるように頑張ろうと思います。

いつも読んで下さる皆さんに感謝致します。

おか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする