時間はつぶれない。良い時間も悪い時間も同じ長さ

借金で苦しんでいる時の時間というのは苦しくて長く、

早くこの辛い時間から解放されたいと思ってしまいます。

休みの日も何も出来ることもなくすることもないただ時間が過ぎるのを待つことばかりですが、

その時間というのは一体何のためにあるのだろうかとすら感じてしまいます。

自分がお金を借りたことを反省するための時間なのか・・・?

なんてことを考えながらただ1日が過ぎるを待ったり

何か時間つぶしが出来ることが無いかとネットを見たりとしても一向に気は晴れません。

借金のない頃は休日ともなれば買い物に出かけてみたりご飯を食べに行ったりとすればあっという間に夜になったりしましたが、

何もすることが無いと「まだ昼か・・・」、とか「まだ夕方6時か・・・」とか時計を見ながら思ってしまいます。

夜眠くなるまで部屋でゴロゴロしようとしてみてもほんの数分で飽きてしまい時間は全く過ぎず、

しょうがなくブログを書いてみたりとか他のブログを読んでみたり、ネットを見たりとお金の掛からない事を延々繰り返すのみです。

はたから見たら何をしているのかも全く分からない完全な引きこもりでしょうね。

そしてまたこんな時間が今年も、来年も続くのかと考えてしまうと・・・・嫌になってしまいますね。

悪い時間だけが早く過ぎで良い時間だけがゆっくりと流れてくれればいいのですが、

良い時間も悪い時間も同じ流れで生きていかなければならないというのは本当に辛いですね。

いつも読んで下さる皆さんに感謝致します。

おか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする