借金があっても意外と体は壊さないものです

借金苦というと借金が無い人にとっては毎日食べるものにも困り体の栄養バランスも悪く、

体調を崩してしまうのではないかと思っている人もいると思います。

客観的に借金がある人を見たら私もそう思いますが実際に借金苦になってみても、

意外と借金が無い頃に比べても体調を崩したりという経験はありません。

体が丈夫というほど体が強いわけでもありませんがここ数年で借金苦で体を壊したという事はありません。

むしろ借金が返せない事で悩んでいる方が精神的な苦痛で病気になったりしてしまうと思います。

私も借金が増え続けて返せないと悩んでいた時には肉体的にも精神的にも良い状態ではありませんでしたが、

いざ借金を返すしかないと腹を括ってしまえば悩む暇もないくらい返済に取り組むしかありません。

また食べるものもいざとなれば必要最小限の食べ物さえ食べられれば生きていけるものです。

借金という悩みの苦痛は肉体的よりも精神的なことのほうが圧倒的に大きいと思います。

借金のことで悩んでいる場合には早めに自力で返すか法的整理などで解決するか早めに決断することが、

自分自身の体や心身に及ぼす影響が少なくなると思います。

いつも読んで下さる皆さんに感謝致します。

おか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする