サラリーマン900万円借金返済

借金完済に向けて頑張るサラリーマンのブログです!

お金のため生きるのか?生きるためにお金を使うのか?

   

カイジという漫画のセリフの一つに「お金は命より重い」という言葉があります。

ネットで調べると名言と言われているようなセリフですが私はこの言葉が大嫌いです。

 

お金は命よりも大切・・・・もしもこの言葉通りの世の中だったら、

おそらく借金で苦しむなんて人はいなくなるでしょう。

 

その代わりに他人の人生を、他人の命を奪ってでもお金を手に入れようとする犯罪が蔓延した世の中になるでしょう。

 

そもそも命よりも大切なお金というのがあったとしたらそのお金を一体何に使うのか?

個人的にはそんな風に考えてしまいます。

 

もし命より大切なお金があるとしたらそのお金はおそらく私利私欲のために使うだけでしょう。

そういう人は永遠に満足しない、満たされない欲望のためにお金を消費していくだけです。

 

多額の借金がある身でもさすがに命よりもお金が大切だとは感じません。

 

借金を返せなくなったら極論でいえば自己破産でもすればいいと思います。

ただ自己破産をしないことにはちゃんと理由もあります。

 

 

自己破産をするということで自分の過ちを顧みないことにもなります。

自分が借りてきたお金を踏み倒すような行為ですから過ちを犯して反省しないようなものです。

 

また家族など周りの人にも迷惑をかけることにもなり信用も失います。

資産などの没収をされれば周りからも何かあったと気づかれるでしょう。

 

自己破産をしたというような人間を信用できるか客観的に考えれば難しいものです。

 

それと同様に命よりお金が大切と言う人間を信用、信頼するということもできないと思います。

 

 

生きるためには少しのお金が必要なことは確かです。

 

生きるためには食べる必要があると思います。

食べる必要があるから食べ物を育てたり時には食べ物をお金を払って手に入れます。

 

お金というのは単なる道具です。

そのお金のために生きるのであれば自分自身がお金の道具に成り下がるしかありません。

 

お金のために生きるのか?生きるためにお金を使うのか?

 

まだまだ借金がある身ですがいつか借金が無くなったときにまともな人間でいられるよう、

信用や信頼を失ってまでお金を優先しない生き方をしようと気を付けようと思います。

 

いつも読んでくださる皆さんに感謝致します。

 

おか

 - 言葉