実家の料理を食べて栄養を付ける

普段の食生活が栄養バランスを全く考えていない食事ばかりをしているので、

毎回実家でご飯を食べると体がすこし調子を崩してしまいます。

おそらく体にいいものを食べているはずなのですが、

偏った食事に体が慣れてしまっているため体がびっくりしてしまうのでしょう。

昨日は少しお腹の具合がおかしくなっていましたが今日はさすがになれて問題ありません。

実家で食事をするのはおふくろの味とでも言いますかありがたいものです。

独身生活が長くなってしまっている現状としては情けないことですが、

親の食事くらいしかまともな手料理が食べられないです。

たぶん・・・親としてはもう自分ではなく孫のような存在にご飯を食べさせたいというのがひしひしと伝わってきます。

だんだんと実家に居づらいところもあり今回の帰省はあまり実家に長居できないと思います。

実家でゆっくりする暇があったら今の私は働いて借金を減らさなければいけないのでしょう。

明日くらいに早々に地元を後にして会社のある土地へと戻っていこうと思います。

いつも読んで下さる皆さんに感謝致します。

おか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする