自分の部屋が牢獄のようにすら感じてしまう

借金がある状態というのは引きこもりがちになります。

もはやすでに外に出かけるという休日の過ごし方すら忘れつつあります。

部屋の中から窓の外を見ているとまるで自分がどこかの刑務所にでも収容されているような気分になります。

なんだか牢獄に入れられたらきっと毎日こんな気分にでもなるんだろうと感じます。

玄関を開ければ外に出ることはできるのですが、

お金を使わずに街をぶらぶらと歩くというのは非常に酷なことでもあります。

待ちゆく人が楽しそうに買い物袋を下げて歩いているのを見ても辛いですし、

お店が入っているビルの中に入っても買い物なんてする余力すらないのでただただ眺めることしかできません。

まだ借金が500万円以上も残っている状態ではコンビニでお茶やコーヒーを買うくらいが精いっぱいです。

結局は自分の部屋にいてブログや副業サイトを作成して少しでも収入につながることをしているほうが、

支出ではなく収益を上げるための投資のための作業をしている気がして気持ち的には落ち着きます。

いつか借金が無くなったら部屋から外の景色を眺めなくて済むように、

気持ちよく玄関を開けて外に出かけられるようになるためにも。

だいぶネガティブでナイーブな気持ちになってしまっていますが、

明日からまた月曜日になるので気を引き締めて頑張ろうと思います。

いつも読んでくださる皆さんに感謝致します。

おか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする