昔の思い出や楽しかったことを考えて過ごす

だいぶ病んでいるような記事のタイトルになってしまいましたが、

実際に借金返済中というのは楽しいことなんて何もありません。

お金を使えば生活が苦しくなるだけなので用が無い限りは極力外に出ることもせずにして、

ただただ毎月の返済に怯えながら過ごすだけです。

それでも仕事の無い休日は頭も体も休めてゆっくりとしたいものです。

お金がない休日・・・、

そんな時に最もお手軽な時間のつぶし方が昔の楽しかった思い出を振り返ったりすることです。

小学生時代や中学、高校生時代、または大学生時代や会社に入ったばかりのころなど、

借金が無いころのいろんな思い出を振り返ると「ああ・・・そういえばあんな事もあったな」なんて思い返してしまいます。

自転車で走り回ってたことや部活に打ち込んでいたこと、

他にも大人になってから温泉や海などの旅行に行ったことなんてことを・・・。

借金をしてからというものこれらの楽しかった思い出とはすべて無縁の人生を送っている気がします。

なんで借金なんてしてしまったんだろうと思ってしまうことは正直ありますが、

自分で選択してきた人生なので誰にも言い訳なんてすることはできません。

ましてや自分で自分に言い訳なんてしていたらキリがありません。

昔の楽しかった思い出、あの時の時間を取り戻したい、今ある借金を今後どう返していくか。

この気持ちが常に堂々巡りをしているのが休日の債務者の気持ちです。

過去に縛られるなんて情けないことかもしれませんが、

いろんなことの積み重ねが現在につながりそして将来へと繋がっていく一本の長い線のようなものだと思います。

過去を切り離して生きていくとしたらその人生は非常に短い線で終わってしまうと思います。

なんだか暖かくなりだした春の陽気で頭の考えも少し定まってない気がします。

たぶん・・・いまは少し早い5月病のような気分です。

いつも読んでくださる皆さんに感謝致します。

おか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする