マクドナルドはお金持ちの食べ物かもしれない

マクドナルドといえば手軽に食べられるファーストフードです。

また借金がある私にとっては低価格で食事ができる大切な外食先の一つです。

イメージとしては学生や一般的なサラリーマンなどが比較的安い出費で食事をするもので、

決してお金持ちの人が食べる食べ物というイメージはありません。

しかし意外なことに世界のお金持ちのなかにマクドナルドを食べる人というのは意外にいるのです。

しかも桁外れのお金持ちの方が約2名・・・。

まず世界のお金持ちの一人としてマイクロソフトのビル・ゲイツさんがいます。

どれくらいお金持ちかというとその資産は1億円、2億円の世界ではありません。

(庶民であればこれだけでも宝くじで当たれば夢のような気分です)

しかしビル・ゲイツさんのその資産は860億ドルとも言われ、

日本円に換算すると9兆9000億円もの資産があります。

もはや一般的なサラリーマンにはどれくらいのお金かも分からない桁数です。

しかしそんなビルゲイツさん、なんと食事はマクドナルドが多いらしいです。

しかもフィレオフィッシュというマクドナルドの中でもさらに庶民的なメニューが。

理由はおそらく手軽に早く食事が出来るというのが理由だと思います。

かくいう私はマクドナルドではフィレオフィッシュより高額なてりやきマックバーガーが好物です。

資産9兆円の人よりも借金のある自分が贅沢な食べ物を食べているなんて、

もっと節約意識を見習わなければなりません・・・。

また世界最大の投資会社であるバークシャー・ハサウェイの

ウォーレン・バフェットさんもマクドナルド好きで有名です。

このウォーレンバフェットさんも資産を740億ドル、日本円に換算して約8兆3000億円という資産を持っています。

この2人の会社の資産だけで約15兆円以上・・・。

世界の富のほとんどを数%の富裕層のみが所有するというのもうなずけます。

そしてこのウォーレン・バフェットさんもマクドナルドが好物です。

しかもおまけにコーラまで好物とまさにマクドナルドにとってこの上なくありがたいお客さんでしょう。

このバフェットさんは毎朝ベーコンエッグや

ソーセージエッグマフィンを買って会社で朝食をとるようです。

これだけ聞くとその辺の普通のサラリーマンと何ら変わりません。

しかも驚くことに住んでいる家まで日本円で約300万円で購入した家に住んでいるという徹底ぶり。

これを読むとお金持ちというのは利益を確保するためにはお金を稼ぐことも大切ですが、

無駄な投資は一切しないという徹底した自己管理というのが大切なんだと感じました。

とはいえこの2名を参考にしてもマクドナルドを食べても資産を9兆円に増やせるわけではありませんが・・・。

まずは目先の数百円、数千円の利益でも上げられるように毎日ブログにサイト作りをコツコツ頑張ろうと思います。

またテリヤキマックバーガーだけではなくソーセージエッグマフィンとフィレオフィッシュをたまに食べていこうと思います。

いつも読んでくださる皆さんに感謝致します。

おか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする