再起を賭けた最後の借り入れなら中央リテール!

借金について

借金を減らすために大切なこと ③収入と支出の見直し

投稿日:2016年5月18日 更新日:

お金

さて今までは机上での作業となったと思いますが、

ここからは実践も踏まえての作業になってきます。

 

それは収入と支出の見直しです。

 

まずは支出です。

日々生活していく中で発生する支出の中にはさまざまなものがありますが、

大きく分けて固定費と雑費があると思います。

 

これらを節約してできるだけ支出を下げるということが、

借金返済ではとても大切です。

 

ここで言う固定費とは、

例えば家賃や水道光熱費、電話やネットなどの通信費、またはガソリン代などの燃料費などがあげられます。

 

これらは生活する上で必要となるためほぼ削減するのが難しいのですが検討して見る余地はあるところです。

 

これが下げられれば毎月継続して支出を下げることが出来るからです。

 

たとえば通信費などは余分な通信容量を減らすことで料金プランの見直しなどにより支出を下げることが出来ます。

 

今の時代は格安SIMや電話とネットのセット割りなど、

良く調べると料金が安くなることもあるので検討の余地があると思います。

 

また電気代なども電力自由化で電力会社を変更することで支出を減らすことができます。

 

ガソリン代などは自転車や電車を活用して減らせるところは極限まで減らします。

 

ここで大切なのは節約するという意識を持って考えることです。

 

次に雑費ですが、

これは生活に掛かる食料品や日用費、その他衣類などの消耗品です。

 

毎月一定ではないと思いますがほぼ必ず発生する費用です。

他にも毎月の支出で交際費などもあるかもしれません。

 

これについても極限まで節約するという意識を持って支出を見直すことです。

 

今までちょっと贅沢した生活をしていたという人にとっては辛いですが、

今後借金で何年も苦しむなら早い段階で節約に取り組むことが大切です。

 

次に収入ですがこれはちょっと難しいです。

 

一般的な会社員の人にとって収入を増やすというのは残業手当を付けるなどできる手段は限られてしまいます。

 

だからと言ってパチンコや競馬などのギャンブルを利用するのはやめた方が無難でしょう。

また株や為替取引なども危険が伴うのでやめた方がいいでしょう。

 

その理由は勝てばいいのですが負けた時には支出が増加するというリスクがあるからです。

 

借金返済で最も大切と言えるのがリスクを最小限にするということです。

 

ハイリスクには絶対に手を出さない。

借金がある時にはローリスクを心掛けることが大切です。

 

ではどうやって収入を増やすのが良いかというと、

可能であればダブルワークなどで仕事を増やして作業をするのも良いですが、

ダブルワークが不可であればネットで収入を作るという方法があります。

 

話が長くなるので次回はネットで収入を作るについてお話ししたいと思います。

 

いつも読んで下さる皆さんに感謝致します。

 

おか

スポンサードリンク




スポンサードリンク




-借金について

執筆者:

関連記事

人生転落の始まりはまさに最初の一歩・・・

多重債務者のようになるまで借金が増えていく流れというのは 人それぞれ違いがあると思いますが最初の借金というのは恐らく皆同じようなものだと思います。   …

自力の返済を続けて感じる・・・・3年というのがひとつの節目だなと

借金返済のブログを始めてから既に3年半の月日が流れています。 →旧ブログはこちら   複数の借入先に借金を作りトータルで一時期には1,000万円以上の …

no image

借金ができるまで

先日ブログをはじめましたが、 今回はなぜ借金をしてしまったのかについて少し書きたいと思います。 このようなブログを読む方はおそらく自分と同じように借金を抱えてる …

人が生きようとする執念というのは想像以上に強い

「借金で人生を詰んだ・・・」、「もう人生のどん底だ・・・」なんて経験を借金生活の中でしてきたのでお話ししますが、 借金をしても人生がもう終わったと感じるかと言え …

目標が何か、目的が何かを考える

しばらくブログ更新から遠ざかっていましたが、 理由は仕事の忙しさだけではなく自分自身の生き方についても少し悩みながら過ごしていました。   借金もまだ …

オススメ度No1。借金の無料診断と返済シミュレーションをしてくれます。

街角法律相談所

法律の専門家の方があなたの債務整理、過払い金請求などの問題について無料相談できます。

創立当初から多重債務者を救うべく債務整理に力を注いでいる実績豊富な弁護士事務所。

岡田法律事務所
ブログへのコメントは→コチラ
本ブログの概要はコチラ
本ブログの免責事項はコチラ
本ブログのプライバシーポリシーはコチラ
サイトマップはコチラ