有名人の借金逸話 ~矢沢永吉さん~

矢沢永吉

借金のことで弱くなりそうなときネットで他の人の借金のことなど調べてみたりしますが、

そんな時に有名人の借金に関する話も出てきたりします。

有名人の借金は一般のサラリーマンと違い数十万や数百万ではなく、

数千万円、または億にまで登る借金額になったりします。

そんな有名人の中でも特に印象深いのが矢沢永吉さんの話。

矢沢永吉さんは1998年に側近、知人の人の不正により借金を抱えてしまいます。

その額は何と35億円という途方もない金額・・・。

矢沢永吉さんは被害者なのですが、

なんとその借金を返してしまうというまさにロックンロールな発送で男らしい生き様です。

もちろん矢沢永吉さんもさすがに最初は悩み落ち込んだようですが、

それでも解決策、突破口を探して返してしまうというのは凄いことです。

しかも借金額が35億円に対して返済期間は6年というペースは感服するのみです。

Youtubeに矢沢永吉さんが借金についてインタビューで語っている動画があるので興味のある方は見て見て下さい。

それにしても6年という期間は短いようにも感じますが、

実際に返済している本人からするとその期間は辛い日々だったんだろうなと思います。

私自身も借金を本格的に返済して3年ほど経ちますがいまだに終わらない借金に、

自分の未来はこの先も借金が続くのではないかと感じてしまいます。

また矢沢永吉さんの借金額35億円に対して私の借金額はピーク時で約1千万円と350倍です。

いくら有名人がお金を貰っているといっても普通のサラリーマンの350倍は無いと思います。

仮にサラリーマンで毎月30万円の給料を貰っているとしても、

その350倍と言ったら毎月1億500万円貰わなければなりません。

どこかの外資系企業の役員並みの報酬を1ヶ月で稼ぐなんてほぼ無理ですね。

そう考えるとやはり矢沢永吉さんは相当な努力と苦労をされたんだろうなと感じます。

ただそれを感じさせない貫禄の凄さには感服するのみです。

おまけに借金が無くなってから15億円の豪邸まで建てるようで、

まさにロッケンロールだなと思います。

こういう話を見ると自分の悩みなんて小さいのかなと感じてしまいます。

くよくよ悩むくらいならまずやっちゃえよって思わせてくれます。

なんだか入り口が変ですが矢沢永吉さんのファンになってしまいました。

いつも読んで下さる皆さんに感謝致します。

おか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする