高熱費が下がるかな・・・・と消費税増税

電気
冬は暖房器具を多用するためどうしても電気、ガスの料金が上がってしまうと思います。
でも気候は完全に暖かくなってきました。
気持ち弾むお出掛けというよりは電気使用量が減り、
電気料金が下がってくれることのほうが楽しみです。
4月から食品や電気、税金などあらゆるものが値上がりしてしまいました。
給与が増えても日常の生活費も比例して負担が増すのでは意味が無いです・・・・。
アベノミクスの政策としてインフレ化を促進しようとするのは分かりますが、
せめて給与を上げてから1年おいて物価を上げるようにしてくれないかなと思います。
とはいえ決まってしまったことはしょうがないです。
ちなみに消費税まで2017年には10%に上がってしまいます・・・。
それまでには絶対に借金を完済しておかないと生活厳しすぎです。
納める税金は安定して上がっていますが給与は毎年不安定です。
この国のサラリーマンが安心して安定した生活を送れる日が一体いつ来るのでしょうか?
まったく先が見えない気分です。
こんなこと考えるのは借金があるからなのでしょうか・・・。
よく分からないです。
いつも読んで下さる皆さんに感謝致します。
おか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする