過保護な親子の見舞い

同じ病室にいる20代前半くらいの男性に
母親が見舞いが来ていました。
なんだか明日は祝日で医学療法師が不在なのに息子のリハビリはどうなっているのかを看護婦に問い詰めて、
納得がいかないというような話を長々としていました。
息子はその様子を何だか笑いながら聞いてました。
嫌でも話し声が聞こえてしまうので、
聞きたくなくても聞こえて気分が良くないです。
あまり他人の事なので話すのものでは
ないかもしれませんが、
入院中の出来事としてはこのような事しか
起こらず本当に退屈です。
早く退院したくてしょうがないです。
くだらない話をしてしまってすみません。
おか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする