通信費を下げる

ドコモ
固定費を下げるというのは節約の常套手段です。
水道、ガス、光熱費、通信費、燃料費、家賃など毎月掛かる費用は様々あります。
今回はその中の通信費の見直しを実行してきました。
私の契約しているスマホのキャリアはドコモです。
いままでパケット通信プランをデータMパックという5GBまで使用できるプランにしていましたが、
自宅でwi-fiを利用できるようになってから明らかに通信費が下がりました。
そこで今回はデータプランを一番少ないデータSパックという
2GBまでしか使用できないプランへ変更しました。
wi-fiが使用できれば私にとってはこれで十分です。
ちなみに自宅でネット回線を引いていて、
wi-fi利用していないなんて方はいませんよね・・・。
ついこの間知人にwi-fiって何?って聞かれてちょっとビックリした記憶があります。
もしwi-fiを利用していない方はとりあえず下記のようなものを使って、
ネットの回線をこれに差してあとは製品の使い方に従ってやればほぼ解決です。

ELECOM 11n/b/g対応 無線LAN親機(Wi-Fiルーター) 300Mbps WRC-F300NF (利用推奨環境 3人・ワンルーム・平屋)

新品価格
¥1,980から
(2015/3/30 17:33時点)


またドコモの人から聞いた話ではデータMパックとデータSパックを
毎月交互に利用する人もいるようです。
なぜかというとデータMパックは次月に余ったパケット量を繰り越せるので、
毎月どうしても3GBくらいになってしまうという方にとっては、
データMパックで3GB使用しても余った2GBは残るので、
次月はデータSパックにして2GB+繰り越した2GBで利用するらしいです。
その話を聞いて結構みんな考えているんだなと思いました。
ちなみにデータMパックは月々5,000円、データSパックは月々3,500円と
毎月の支払いが1,500円も違います。
一般的には大して変わらないなんて思うかもしれませんが、
多重債務者は重箱の隅まで突きまくります。
とりあえずはこれでしばらく様子を見ようと思います。
もしさらに通信費を下げようとしたら格安SIMに切り替えるという荒業もあります。



ただ私の場合はLINEを使用しておらずメールも基本はドコモメールなので、
切り替えには躊躇します。
また端末もSIMフリーには対応しておりません・・・・。
もし電話もメールも基本はLINEなんて方でSIMフリー対応端末の方にとっては、
格安SIMへの切り替えはかなり魅力的かもしれませんね。
とりあえずこれからの通信費が少し減ってくれるので、
その分をまた返済につぎ込んでいこうと思います。
いつも読んで下さる皆さんに感謝致します。
おか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする