看護婦さんって凄い!って思う

昨日から麻酔やら抗生物質やら止血剤など、
いろんな物を注入されて神経が麻痺しています。
いまは何もされてないので比較的気分はよくなっています。
周りのおじいちゃん連中もみんな昼飯食べて寝ているので落ち着いています。
それにしても入院中に感心するのは看護婦さんの仕事ぶりです。
普段私の仕事はパソコンや機械、あとは紙などの資料がメインで働きます。
対人関係も自部署や他部署や外部企業の人達です。
でも看護婦さんは基本人を相手に仕事をしています。
人と言っても私のような怪我人や病気の人達。そしてほとんど多くは高齢者になります。
お世話するのも身の回りのことから食事、体温や血圧等の回診、またトイレなども必要なら対応します。
はっきりいって毎日やると神経が麻痺するような出来事なんじゃないかと思います。
入院してすでに私は病院という環境に気が滅入っております。
病院で働くお医者さんも偉いと思いますが、
看護婦さんも本当に偉いと思いました。
改めて女性って強いですって感じました。
おか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. マミー より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おかさん
    こんにちは。
    入院したと知ってビックリしましたよ。
    きっと今は休養が必要な時だったのかもしれませんね。
    今私が入院したなら。。って想像すると借金のことが気になって気になって益々悪化するかも。
    しかも今は生保にも入ってないんです。安くてもいいから一つは入らなければと思うのですが、いつも後回しになってしまいます。
    今入院もせず元気に過ごしているうちに現状打破をしなければならないのに、お支払いのことを考えてばかりで時間はどんどん過ぎてしまいます。
    おかさんも一日も早く元気になられるようお祈りしますね。
    また来ます♪

  2. oka より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    マミーさん
    ご心配して頂き大変ありがとうございます。
    怪我や病気は防げるものはいいですが、
    防げないものや万が一への備えは必要かと思います。
    私も借金のある身なので、
    固定費となる保険料は切り詰めたい気持ちはあります。
    ただ保険料を切り詰めるのであれば、
    生活には十分注意が必要だと思いました。
    生活に余裕ができたら保険はちゃんと
    見直したいと思います。
    お金より命が大切ですから。
    ご心配して頂き本当にありがとうございます。
    退院後また元気に返済始めますので、
    今後ともよろしくお願い致します。
    マミーさんいつも暖かいお言葉大変感謝です。
    おか