入院中の安眠は無かった

入院中はいつも夜中の4時くらいに目が覚めてしまう日が続きました。
眠りに入る時間はだいたい夜12時頃。
そんな生活でした。
正直入院中の生活は安眠が少なかったです。
仕事のストレスとは無縁でしたが、
その代わり何もしていない事が不安になっていました。
また外的要因として、
ボケている老人が夜な夜な叫んだり、
隣のベッドの老人が夜中に排尿や脱糞の処理を頼んだり(しかも何も出ていないのに)と、
個人的に苦痛の多い日が続きました。
とりあえずこの生活からは今日解放されます。
そして明日からまた借金と仕事の事をしっかりと
考えて生活していかないとならないです。
入院中は寝てばかりいたのでゆっくり体を休めることは出来たと思います。
ただ気持ち的には借金の事を忘れることは無理でした。
やはり借金を無くさないと精神的に安心して過ごすことは不可能です。
入院中はブログ何回も書いていましたが、
今日からは寝てばかりいられないので、
更新頻度は減りますがまた返済生活をお伝えしたいと思います。
いつも読んで頂き本当にありがとうございます。
これからも応援どうかよろしくお願い致します。
おか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする