サラリーマン900万円借金返済

借金完済に向けて頑張るサラリーマンのブログです!

銀行カードローンが壊滅的ないま再起を賭けた『最後の借り入れ』なら中央リテール。 債務者にとっては最後の砦ともいえる借入先です。

アマゾンでの不正な出品がニュースになっていた・・・

      2017/05/10

先日テンピュールのシートクッションが届かないとう事態がアマゾンで発生しましたが、

これ以外にも現在アマゾン内で不正な出品が蔓延しているようです。

 

その不正な出品というのはアマゾン内に販売者として登録して、

アマゾン内で決済をする「アマゾンマーケットプレイス」というのを利用して商品を出品している業者です。

(私が騙された「たかす友愛堂」もまさに同じタイプでした)

 

この中に潜んでいる不正な業者は格安で商品を出品しランキング上位に出てきて目立つため、

購入者は安いと思って思わず注文をしてしまいます。

 

しかし実際には商品は業者にはなく商品がずっと届かないという状態が続きます。

 

ただ万が一入金されてしまい商品が届かない場合でもアマゾンが返金を保証してくれるので、

直接的には購入者へ被害が及ぶことはないそうです。

 

では一体何のためにこのような詐欺業者がアマゾンに存在しているのか?

それは購入手続きをすることで購入者の個人情報と好み・嗜好を知るためのようです・・・。

 

詳しくは東洋経済オンラインの以下の記事をご覧ください。

「アマゾン1円詐欺」の巧妙で抜け目ない実態

 

まさに個人情報を手に入れれば消費者の嗜好を知りたい業者に情報を売ることができます。

これが目的で「たかす友愛堂」のような危険な業者がアマゾンに登録されてしまっているようです。

 

個人的にはいままでアマゾンでの買い物は安全というイメージがありましたが、

こういった被害に実際に逢っているためしばらくはアマゾンでの購入を少し控えようかと思います。

 

なおアマゾン自体もいまマーケットプレイスに参加する際の審査を厳しくして対応をしているようですが、

完全に詐欺業者を断つにはまだ少し時間が掛ると思います。

 

もしアマゾンで商品を購入する場合にはまず極端に安い業者には注意した方が良いです。

また口コミ・評価などをよく見ると過去の利用者のコメントで明らかに詐欺と分かる場合もあります。

(「たかす友愛堂」はまさにそのパターンでした)

 

ネットショッピングは簡単に欲しい商品が安い値段で見つけられて便利でしたが、

個人情報流出など危険な買い物をするくらいであればきちんと店舗で購入するのが

安全な買い物かもしれないとここ最近感じ始めています。

 

いつも読んで下さる皆さんに感謝致します。

 

おか

 - 返済日記